よく頂く質問にこたえます

Q:相談の時間帯は?

A:9:00〜18:00までです。
Q:曜日はいつになりますか?
A:主に、土曜日になります。難しい場合、日曜日にもできます。お問い合わせ下さい。
Q:カウンセリングは、どんな事をやってもらえるのですか?
A:相談して下さる方のご要望に合わせて、お話を聞きます。具体的な方法を一緒に考えて欲しい場合や、ただ話を聞いて欲しい場合など、ご相談内容に合わせて進めていきます。
これまでの対応例:
 ・自分自身のイライラや落ち込みを調整していきたい→主にsomatic Experiencing®(以下SE)アプローチを活用。相談者
     様の資源を増やしていく事にえて、現実場面での目標も立てて段階的に進めています。
 ・自分自身の親との関わりが今の自分の人間関係(もしくは子どもとの関わり)の悩みと繋がっている気がする
    →その方の愛着パターンを相談の中で一緒に特定し、SEやその他のアプローチで安心を獲得した後に、セラピーが修正体験
        の場となるように少しづつ(1ミリづつといっても過言ではありません。しかし、ゆっくりの方が効果は早いです)気にな
        っている事(その感じ)に進んでいきます。 
        ※言語獲得以前の傷つきの場合は、タッチでのアプローチを用いていきます。その際はアメリカのスティーブ・テレール博
           よりトレーニングを受けた愛着を癒すタッチでのアプローチを活用していきます。タッチに抵抗ある方は、セルフでの
           タッチをして頂きながらセラピーを進めることもできます。
  ・日頃の体調不良(医学的には大きな問題のないもの)→SEやタッチでのアプローチは自己調整にとても効果的です
 
  ・教育相談機関での経験を生かした相談→動機付け面接を用いて、「親御さんが子どもの専門家」、私は心理の専門家として
      一緒に方法を話し合います。これまで、不登校、様々な行動問題についての相談を受けてきました。
  ・特別支援教育相談センターでの経験を生かした相談→読み書きが苦手(埼玉で有効な医療機関や眼科、指導をしている大学
      のセンターとの連携もできます)、身体や手先が不器用、コミュニケーションが苦手な児童・思春の子への相談を受けきま
      した。Rhythmic MovementやBBAなどのムーブメントを用いていきます。Rhythmicのコンサルタント資格は、まだ保持
      者は日本に数人です。
  
   ・トラウマ→つらい記憶のフラッシュバックで夜も眠れない、怖い、悲しい気持ちが突然湧いてくる。思い出せるものでも、
       そうでなくてもSEでゆっくりと効果的にアプローチをしていきます。  
Q:療育的トレーニングではどんな事をやってもらえるのですか?
A:お子さんの得意・不得意に合わせて保護者様と方針を立て、トレーニングを進めます。
      例えば、コミュニケーションが苦手で自分の思いが言葉にできない、作文を書くのが苦手、あいさつができない、注意したり集中するのが苦手、手先の不器用さがあるなど。自信のなさや、「どうせ自分なんて」と話すお子さんの気持ちの心配についてもトレーニングで一緒に考えていきます。